Atomでコーディングして、音楽をリアルタイムに生成するパフォーマンスを始める/ TiadalCyclesをインストール


Atomでウェブサイトが作れるのだから、音楽も作れる!ということで、最近ライブコーディングで音楽や映像を作るムーブメントが到来しています。次の動画後半を御覧ください。

かっこいい!

ということで、多摩美等で教鞭をとられている田所先生のサイトを参考に入れていきます。参考にというか全く同じです。

Homebrewを入れる

まずhomebrewが入っていなかったので入れます。

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

Xcodeもついでに入れてくれるのはラッキーという感じなのですが、とにかく重い!待っている間にAtomを入れます。

Atom

TidalCyclesは基本、Atomでコードを書きます。すべてのエディターに対応しているわけではありません。WebStormで出来ないのか!わかりません!

Atomのパッケージで「Tydalcycles」というものがありますので、これを入れます。これを実行したAtomがTidalCyclesと連携します。そして書かれたコードをもとにリズム等を生成します。

Gitも入れる

Gitもいれてなかったので入れます。

$ brew install git

Haskellを入れる

TidalCyclesはHaskellを使って動いている言語、ということでHaskellも入れていきます。GHCというのはHaskellのひとつのことのようです。(:参照)

$ brew install ghc

そしてHaskellのパッケージ管理ツールのcabalを入れます。node.jsにおけるnpmみたいなことなんでしょうか。

$ brew install cabal-install

cabalを最新版にします。

$ cabal update

パッケージをインストールするためのパッケージ?を入れます。

$ cabal install cabal-install

そしてやっとTiadalCyclesを入れます。

$ cabal install tidal

入りました。

SuperColliderを入れる

さしあたって最新版を入れます。SuperColliderとはコーディングすることでシンセを動かしたり、エフェクトをかけたり、シーケンスを書いたりできるオープンソースのソフトウェアです。この手のソフトウェアとしてはMax/Mspというのも有名ですが、あちらはヒモをつないでプログラムを作らなくてはいけないので、非常にイライラします。SuperColliderのほうがエンジニア向けです。

http://supercollider.github.io/download

SuperColliderを起動して、SuperDirtをSuperColliderにインストールします。SuperDirtはサンプラー=音をだすための音源です。つまり次のように信号が流れているものと思われます。Atom→SuperCollider→SuperDirt→音がなる。

SuperColliderを起動すると、皆さんの大好きなエディター画面が登場します。そこで次のコマンドを入力して、Cmd + Enterで実行します。これでインストールがされます。時間がかかります。一度インストールしたら、当然ですが次に再起動したときにはする必要はありません。

include(“SuperDirt”)

SuperColliderを再起動します。

音を鳴らしていく

まずSuperColliderを起動していることを確認します。そしてSuperColliderで次のコマンドを実行。貼り付けて、Cmd + Enterで実行です。

SuperDirt.start;

次に、.tidalという拡張子のファイルをどこでもいいので作ります。これをAtomで開いた後にAtomのパッケージを実行します。

スクリーンショット 2017-01-12 17.04.32

最後に、次のコマンドをAtomのエディターに貼り付けて、Cmd + Enterで実行してください。

d1 $ sound "bd"

キックが鳴り続けるはずです。

次にこれを貼ってみて、実行= cmd + enter してみてください。リズムが変わります。

d1 $ (brak (sound "bd sn:2 bd sn"))
   # pan ((*) <$> sinewave1 <*> (slow 8 $ "0 0.25 0.75"))

これとか

d1 $ sound "bd sn hh cp mt arpy drum odx bd arpy bass2 feel future"

まとめ

エディターから音がなるのは面白い!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *