Sonic Pi メモ


全て公式マニュアルから引用

ショートカットキー

  • cmd R ラン
  • cmd S ストップ
  • cont a 行頭、 cont e 行終わりに移動
  • cont k 一行削除
  • cmd i ヘルプ
  • cmd m コード整列
  • cmd d,h 前後の文字を消す
  • cmd shift b ボタンを消す
  • cnt shif {} バッファータブを左右に移動

言語選択

言語選択を設定画面からおこなうことができない。unix コマンドでできそうな情報もあるがわからなかった。OS の言語が、そのまま Sonic Pi の言語として選択されてしまうので、さしあたって Mac の第一言語を英語に変えた。

音の指定

配列に入れる

配列にいれて再生した場合には、配列内のデータを全て同時に再生するので、ここでは和音が演奏される。

MIDIノートナンバーでの指定

play [52, 55, 59]

音名での指定

play [:E3, :F4, :G5]

配列から一つ指定する

play [:E3, :F4, :G5][2]

↑はG5だけが、単音として再生される。プログラミング恒例の、1番目を指定するには0のスタイル。

コード

play chord(:E3, :minor)

  • chord(:E3, :m7)
  • chord(:E3, :minor)
  • chord(:E3, :dim7)
  • chord(:E3, :dom7)

使えるコードのリストは Lang 内の chord の中にある。特殊なやつは”で囲むパターン。

(chord :C, ‘1’)
(chord :C, ‘5’)
(chord :C, ‘+5’)
(chord :C, ‘m+5’)
(chord :C, :sus2)
(chord :C, :sus4)
(chord :C, ‘6’)
(chord :C, :m6)
(chord :C, ‘7sus2’)
(chord :C, ‘7sus4’)
(chord :C, ‘7-5’)
(chord :C, ‘m7-5’)
(chord :C, ‘7+5’)
(chord :C, ‘m7+5’)
(chord :C, ‘9’)
(chord :C, :m9)
(chord :C, ‘m7+9’)
(chord :C, :maj9)
(chord :C, ‘9sus4’)
(chord :C, ‘6*9’)
(chord :C, ‘m6*9’)
(chord :C, ‘7-9’)
(chord :C, ‘m7-9’)
(chord :C, ‘7-10’)
(chord :C, ‘9+5’)
(chord :C, ‘m9+5’)
(chord :C, ‘7+5-9’)
(chord :C, ‘m7+5-9′)
(chord :C, ’11’)
(chord :C, :m11)
(chord :C, :maj11)
(chord :C, ’11+’)
(chord :C, ‘m11+’)
(chord :C, ’13’)
(chord :C, :m13)
(chord :C, :add2)
(chord :C, :add4)
(chord :C, :add9)
(chord :C, :add11)
(chord :C, :add13)
(chord :C, :madd2)
(chord :C, :madd4)
(chord :C, :madd9)
(chord :C, :madd11)
(chord :C, :madd13)
(chord :C, :major)
(chord :C, :M)
(chord :C, :minor)
(chord :C, :m)
(chord :C, :major7)
(chord :C, :dom7)
(chord :C, ‘7’)
(chord :C, :M7)
(chord :C, :minor7)
(chord :C, :m7)
(chord :C, :augmented)
(chord :C, :a)
(chord :C, :diminished)
(chord :C, :dim)
(chord :C, :i)
(chord :C, :diminished7)
(chord :C, :dim7)
(chord :C, :i7)

アルペジオ

play_pattern chord(:E3, :m7)

間隔、sleep: 1 スリープタイムを 0.25 に明示的に指定。

play_pattern_timed chord(:E3, :m13), [0.25, 0.5]

1番目、3番目、5番目…は0.25で、2,4,6…は0.5で。

スケールの演奏

play_pattern_timed scale(:c3, :major), 0.125, release: 0.1

We can even ask for more octaves: オクターブ範囲を指定

play_pattern_timed scale(:c3, :major, num_octaves: 3), 0.125, release: 0.1

How about all the notes in a pentatonic scale?  ペンタトニックもある

play_pattern_timed scale(:c3, :major_pentatonic, num_octaves: 3), 0.125, release: 0.1

ランダム選択

use_synth :tb303
loop do
play choose(chord(:E3, :minor)), release: 0.3, cutoff: rrand(60, 120)
sleep 0.25
end

Eminor の3音からランダムで選択

ループさせる ring 機能

puts [52, 55, 59][1]
counter = 0
notes = [52, 55, 59]
puts notes[counter]

この2つのどちらかで可能

(ring 52, 55, 59)
[52, 55, 59].ring

配列の操作

8.5 ring chains に多く配列操作の仕組みがある。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *