7日目 役に立ったチュートリアル 編「公式サイトで React, Redux を、Udemy で Node.js を身につけた 」 2017年圧倒的成長振り返り一人アドベントカレンダー


この記事は ” 2017年圧倒的成長振り返り一人アドベントカレンダー ” の 7日目です

https://adventar.org/calendars/2747

アドベントカレンダーに乗り遅れ、参加できそうなものがなかったので行われる、孤独な一人アドベントカレンダー。7日目の今日は、役に立ったチュートリアル 編です。

公式サイトで React, Redux を、Udemy で Node.js を身につけた

今年身につけた技術で特に大きいものは、React, Redux 周りのシングルページアプリケーションを作るための技術と Node.js まわりのバックエンドの知識です。React Redux は公式チュートリアル(翻訳記事)を、Node.js 等バックエンド周りは Udemy(https://www.udemy.com/) で学習しました。

React 等、人気のあるライブラリ/フレームワークは、ドキュメントとチュートリアルが優れており、Qiita等に第三者が書いた日本語記事よりもわかりやすいということを痛感した一年でした。翻訳編と同じ結論になりますが、英語でドキュメントを読む習慣をつけることで、正確かつ迅速に情報を得ることができ、圧倒的成長の基盤となりました。

React, Redux に公式チュートリアル

Redux の作者の動画コース (https://egghead.io/series/getting-started-with-redux) は、Redux にとどまらず、map 等を使った新しい配列の処理の仕方、functional programming の基礎、JavaScript のテスト、といった、フロントエンジニアとしてのスタートを切るにふさわしい内容がカバーされており、また実践を伴って進めることができるので、必要性を理解することができ、各項目をバラバラに学習するよりも効果が高いと思います。

ある程度 React, Redux がわかった後にはこの記事がおすすめです。(https://medium.com/@notrab/getting-started-with-create-react-app-redux-react-router-redux-thunk-d6a19259f71f) View を React, state の管理を Redux, navigation は React-router, XMLHttpRequest を Redux-thunk でおこなうという、基本形をどう実装するのかまとまっています。

Udemy はフルスタックのコースが充実している

https://www.udemy.com/

個別の技術に関しては公式ドキュメントとチュートリアルを学習すればよいのですが、実際のウェブ開発においては、複数のテクノロジーが組み合わされて構築されています。しかも一般的に職能としては分けられる、フロントエンドとバックエンドの二つが組み合わされています。(当然ですが) 実際に業務でコードを書く際には、その部分、つまりつなぎ合わせる部分が難しなと特に感じます。

ですので、主に担当するのは片方であっても、結局は両方を理解する必要が強く自分にもあります。(実際フロントエンジニアですが、いちばん手前にある REST API を書くケースが発生します)

そういう意味でフルスタックのコースが多い Udemy は非常に有意義です。特に今年いちばん学習したのは次のコースです。

Learn full stack javascript – Client and Universal React with Redux, Node js, Express, MongoDB and build a Shopping-cart

https://www.udemy.com/full-stack-universal-react-with-redux-express-and-mongodb/learn/v4/overview

最終的にはサーバーサイドレンダリングをします。ここまでできると一通りフロントエンドで必要な知識の基礎がつくかなと思ってやっています。バックエンドのディプロイの経験があまりないので、そこに時間がかかってます。(WordPress とか PHP 等、Apatch 上で走るものはできるのですが、node や python のように VPS を借りないと基本的には動かないものの経験が少ない)

紙資料がないコースはかなり厳しい

いくらわかりやすいコースであっても、自分は英語の聞き取りがそこまで得意ではないので、紙資料がないコースの受講はかなり厳しいなと思いまいした。資料があるかどうかはシラバスにも少しありますが、買ってみないと詳しいことはわからないのでかけです。紙資料があれば読むことは十分にできるので、進めることができます。

逆に、内容をだいたいしてっている事柄に関しては、英会話の勉強だと思って聞き取りのためにコースを受けてみるのもいいなと思っています。

とにかくたくさん受けてよかった

検索して今知りたいことをピンポイントで見つけるのは、実は基礎力があるからできるのであって、未知の領域については、その方法で乗り越えるのが難しいと思います。そんなときにはまとった量のあるチュートリアルが有効だと思います。色々買った動画コンテンツも、せいぜい合計で3万円くらいなので、ペイできています。今後もガンガン新規のテクノロジーを身につけて、圧倒的成長をしたいと思います。

この記事は ” 2017年圧倒的成長振り返り一人アドベントカレンダー ” の 7日目です

https://adventar.org/calendars/2747

アドベントカレンダーに乗り遅れ、参加できそうなものがなかったので行われる、孤独な一人アドベントカレンダー。7日目の今日は、役に立ったチュートリアル 編です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *