WebStormでコードをチェックする


下記のように現在のファイルだけをチェックするのが便利で良い。

「cmd + 下」で該当箇所に移動する。

tab space等の設定を.editorconfigに合わせる

cmd + alt + Lでも実行できる。.editorconfigファイルに書いてある設定にあうよう、リフォーマットしてくれる。

.editorconfigファイルは、ユニバーサルな規格であるため、対応しているエディターであればこの設定ファイルをもとに、スペースタブなのかハードタブなのか等の設定を認識し、リフォーマット等のユーティリティを提供してくれる。

これをWebStormで読み込むためには、.editorconfigファイルをエディターで開き、適用するかという質問にOKと答えればよい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です